アンダーリム

フレームが赤いとなお良い

GSX250R 1000kmインプレ

納車からちょうど2カ月で走行距離が1000kmに達したので、改めてインプレを。

なお、筆者は教習所のCB400SFとGSX250R(と50ccのスクーター)しか乗ったことがないので他車種との比較などは期待しないで欲しい。

パワー

24psという数字だけ見ると非力な感じがするが、一般道を走る分には十分だと思う。青信号でダッシュすれば流れをリードするのは余裕だけど、後続車をミラーの点にするようなぶっ飛んだ加速はしないくらいでちょうどいい。

走り出しでは、ギア比の関係なのか1速2速は回してもあまり速度が伸びない感じがするのでさっさとギアを上げていくことが多い。高めのギアで速度が落ちてもアクセルを回せば走ってくれる。これがトルクというやつか、という感じ。

高速道路については首都高と外環道がほとんどだったので何とも言えないが、80km/hくらいで巡航する限りでは振動や音は気にならなかった。ただ、そこから追い越しで加速していくとステップに振動が伝わってきて不快なときがある。

走行風も強くなるし、ライダーの技量が追い付かないこともあるので当面は左車線を走ろうと思う。

乗りやすさ

まっすぐ走るのが得意なのか、発進して速度が乗ってくるとハンドルを支える力を少なくしてもフラフラしない。スクリーンとカウルのおかげで風が当たるのは首から上だけということもあり、流れの良いバイパスなどを走っていると眠くなるレベルで楽。ただし、横風を食らうとかなり押される感じがするので都心のビル風とか遮音壁の切れ目などは注意したほうが良い。

あと、足つきは悪いほうだと思うので購入を検討する場合は一回跨ってみることをおすすめする。

燃費

遠出をせずに市街地を走り回っているので30km/L前後になることが多い。最高記録は深夜の首都高をまったり流した時の40km/L。給油して300km走ったらスタンドの場所を考えるくらいなので、日帰りツーリングなら給油なしでも大丈夫そう。

積載

ない。

タンデムシート下のスペースはETCの車載器と書類を入れたら一杯。財布と携帯以外のものを持ち運ぶならシートバッグかタンクバッグを取り付けておきたい。

筆者はKriega US-10を装着している。タンデムシートの下にストラップを通して固定するタイプのバッグで、2層構造のドライバッグになっているので雨に濡れても大丈夫という点が気に入った。(ぶっちゃけライコランドで一目惚れして後から理由を考えた)

不具合

トラブルの類は何もなく快調…と言いたいところだったのに、リコールサービスキャンペーンの対象になってしまった。スタータスイッチに水が入って、キーを回しただけでエンジンがかかるらしい。やはりバイクに乗るのは晴れの日だけにしよう。

www.suzuki.co.jp

追記) 長野の山道を走ってる途中でFI警告灯が点く事案が発生。原因不明。 制御プログラムの不具合でこちらもサービスキャンペーン対応。

under-rim.hatenablog.com

まとめ

ボリュームのあるカウル+単眼ライトといういい感じの見た目(主観)に、適度なパワーとゆるふわなハンドリングが相まってとても扱いやすいバイクだと思う。サーキットで1分1秒を縮めるような走り方はせず、好きなバイクで行きたいところにフラッと遊びに行くような使い方が向いてる感じ。