アンダーリム

フレームが赤いとなお良い

SUZUKI GSX250Rがやってきた

こんな格言を知ってる?

お前が1年我慢している間に、俺たちは慣らしを終える。
お前が2年我慢している間に、俺たちは日本を1周している。
お前が3年我慢している間に、俺たちは無数の出会いと別れを繰り返している。
お前が4年我慢している間に、俺たちは気付くだろう『バイクとはなんぞや?』
お前が5年我慢している間に、俺たちは愛車に無数の傷が付き一心同体となっている。
お前が6年我慢している間に、俺はローンを終えている。
イヤッッホォォォオオゥオウ!

実のところ、教習所に通いはじめる頃までは新型になるNinja 250が第一候補でGSX250Rのことはよく知らなかった。ところが、東京モーターショーで跨ってみたところ脚の収まりが非常によく、調べているうちに「これしかない」という気持ちになってきて年始に契約という流れ。

2週間経って無事納車されたので、とりあえず100kmほど乗ってみて思ったところを。

最高出力24ps

今のところ不満なし。

慣らし運転ということで5,000rpmを超えないように走っているが、一般道の車の流れには十分ついていける。低回転域のトルクがあるからか発進がとてもやりやすく、都心でストップアンドゴーを繰り返すような場面でも安心して走ることができた。感覚的には教習所のCB400SFよりもラク

一方で、トランスミッションそのものは低速寄りかつクロス気味なので真面目にシフトチェンジするとけっこう忙しく、ゼロ発進から5,000rpm縛りを守っていくとおよそ10km/hごとに1つシフトアップする感じで一般道でも6速まで使う。高速道路で100km/h巡航とかはたぶんきつい。

あと、減速時に大きくアクセルを戻した時に独特のメカっぽい音がする。

燃費

メーターの燃費計によると100km走って30km/Lちょいとのこと。15Lタンクなので、何も考えなくても400kmは無給油で走れそう。あと、燃費計の表示はkm/LとL/100kmから選べる。

足付き

良くはないと思う。筆者の体格(身長181cm/股下81cm)だと両足がかかとまでつくので乗っていて不安になることはなかったが、知り合いのYAMAHA MT-25と跨り比べてみたところ明らかに乗りづらいし車体そのものも重く感じられた。

その他

  • メーターパネル、特に速度計の文字が大きくて読みやすい

  • リアシートのヘルメットロックが非常に使いづらい。コンビニで休憩する度にリアシートを開けて、シート裏のフックにヘルメットの金具を引っ掛け、金具が外れないようにリアシートを戻すのは苦行。外付けのヘルメットホルダーは必須。

  • リアシート下のスペースは狭いが、軽自動車届出済証と自賠責の証明書は何とかして入れておくべき。でないと、都心でお巡りさんに止められて免許証とナンバーを確認され、納車直後だったために警察のシステムに登録されておらず書類の提示を求められる(実話)というイベントが発生した時に詰む。